売りたい|不動産ご売却の流れ|STEP3 媒介契約って?

信州大学 学生向け物件
店長おすすめ賃貸物件百選!!あなたの探していた物件がきっと見つかる。

不動産ご売却の流れ

STEP3 媒介契約って?

不動産をご売却するときは、不動産会社にご依頼していただきます。
ご依頼の方法には「代理」と「媒介」がありますが、ほとんど「媒介」の方法をとります。

「代理契約」とは・・・不動産会社がご依頼内容の範囲内でお客様の代理人として売却を行います。
「媒介契約」とは・・・不動産会社がご購入のお客様を探して、売却の斡旋をします。

不動産売買の斡旋のしごとは、むかしから「仲介」といわれてきました。
現在、法律などでは「媒介」ということばで表現されていますが、まだまだ「仲介」が一般的です。

どの媒介契約がいい?

大きくふたつに分けられます。

「専任媒介契約」・「専属専任媒介契約」・・・・・・不動産会社「1社」にだけに依頼できる。
「一般媒介契約」・・・・・・複数の不動産会社に重ねて依頼できる。

ここまでなら、お客様には「一般媒介契約」が断然、有利に聞こえるかもしれません。しかし、それは早計です。
複数の不動産会社が競争してご購入のお客様を探してくれる。
その反面、報酬にたどりつける不動産会社は結局1社だけ。
どこで決まるか分からないお客様には、いまひとつ真剣になれないものです。

積極的な売却活動を期待するなら「専任媒介契約」・「専属専任媒介契約」に軍配が上がるでしょう。
それに、「一般媒介契約」に比べ「専任媒介契約」・「専属専任媒介契約」は、格段に重い義務が不動産会社に課せられます。

そのひとつが、国土交通大臣が指定する不動産流通機構への物件データの登録義務。
これでオンラインで結ばれた多くの不動産会社に物件情報が流れ、ご売却先を早く見つけることができます。

媒介契約の種類と違い
媒介契約
の種類
契約のしくみ 有効
期間
ご依頼者に対する不動産会社の義務
買主の積極的
探索義務
業務処理状況
の報告
専属専任
媒介契約
・他の不動産会社に媒介または代理を重ねて依頼できません。

・自ら見つけた買主との取引が認められません。
3ヶ月
(業法)
不動産会社は、指定流通機構への物件登録義務を負います。
(業法)
不動産会社は、1週間に1回以上(業法)、文書または電子メールによる報告をおこないます。(標準約款)
専任
媒介契約
・他の不動産会社に媒介または代理を重ねて依頼できません。

・自ら見つけた買主との取引が認められます。
3ヶ月
(業法)
不動産会社は、指定流通機構への物件登録義務を負います。
(業法)
不動産会社は、2週間に1回以上(業法)、文書または電子メールによる報告をおこないます。(標準約款)
一般
媒介契約
・他の不動産会社に媒介または代理を重ねて依頼できます。

・自ら見つけた買主との取引が認められます。
3ヶ月
(標準約款)
指定流通機構への物件登録はご依頼者が選択できます。ご依頼者が登録を選択された場合、不動産会社は登録義務を負います。 不動産会社は、とくに義務を負いません。

※ 有効期間は、ご依頼者の申出により、更新することができます。
(その場合も3ヶ月を超えることはできません。)

媒介契約書に記載する事項
  • 物件が特定できる表示
  • 売買価格
  • 媒介契約の種類
  • 媒介契約の有効期間(最長3か月ですが、お客様の申し出により更新できます。)
  • 指定流通機構への登録に関する事項
  • 媒介手数料に関する事項

売りたい|不動産ご売却の流れ

  • STEP1 売り出し価格の決定まで
  • STEP2 税金や諸費用は?
  • STEP3 媒介契約って?
  • STEP4 販売活動はどうするの?
  • STEP5 売買契約からお引渡まで
  • 店長おすすめ賃貸物件百選!!あなたの探していた物件がきっと見つかる。地図や駅通勤通学時間から簡単検索
  • あなたの大切な不動産を査定してみませんか?詳しくはこちらから
  • ご希望物件リクエスト|お客様がご希望の物件をお探しします!
  • 賃貸物件アパート・マンション・貸家オーナーの皆様へ!仲介・管理のご相談はお気軽にこちらからどうぞ
  • 買い替えや住み替えをお考えの方へ
  • お引越しについてしていると役に立つ!引越しのアレコレ

不動産相談室

  • 借りたい|知っておきたい!賃貸契約の基礎知識
  • 貸したい|アパート貸家のオーナーの皆様
  • 買いたい|不動産ご購入時の流れをご案内します。
  • 売りたい|土地・建物など「無料査定」致します。